月別アーカイブ: 2015年2月

N BOX

国内で大人気モデルとなった軽自動車N-BOXは、本田技研工業が新たな軽自動車ラインナップとして開発したトールワゴン型軽自動車です。
N-BOXの特徴は軽自動車規格でありながら、ベビーカーを縦置きできる広い室内空間にあります。
販売当初調べではありますが、軽自動車部門では最大級の広さを誇っていて、新しいプラットフォームの開発やホンダが生産するフィットなどの普通車に採用されている、センタータンクレイアウトによって実現された空間であります。
2011年に市販前提モデルが発表され、12月に販売がスタートされました。
N-BOXの名前にあるようにボディは箱型で形成されているため、縦にのびやかな車体になっています。
サイズは全長3395㎜全幅1475㎜全高1780~1800㎜となっているため、他車の軽自動車に比べると運転席の座席が高い位置に装備されています。
特にリアシートでは、成人男性が足を組んで座ってもゆったりと座ることができるように、足回りのスペースは大目に用意されています。
N-BOXのリアシートは前方に倒すことはもちろん、後方に跳ね上げることができるので、後部座席で120㎝程度の身長であれば立ったまま着替えをすることもできるようになっています。
それ以外にリアシートを一方だけ倒すだけでも、自転車をしっかり収納することもできるので、大人が3人乗ることも可能になりました。
N-BOXはただ広いだけがメリットではなく、エンジンの性能もよく燃費消費率を25.2㎞/Lを実現している次世代を担う軽自動車になっています。
N-BOXが欲しくなったら、いま乗ってる車は車買い取りサイトで売るのがいいかも。